バラ好き 旅行好き 犬好き


by junryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

MyRoseGarden 85 ~挿し木の方法3~

最近触れていませんが、まだまだ4kmジョグ続けています。正確に言うと4kmウォーキングになっていますが・・・・・
昨日で15日経過しました。このまま続けていければいいが、とにかく暑過ぎます。

今日も「挿し木」の話をアップします。
この方法で挿し木をすると、発根の状態がよくわかります。
容器を持ち上げて、下からのぞけば良いのだ。
昨年の11月に挿し木したものを今年の2月に見たものです。
ほとんどのものが発根していました。
この時期は気温が低く、水が腐りにくく、水かさもあまり減らないのでついつい忘れがちになりますが、それぐらいでいいようです。
これで9割程度成功しています。
a0249051_23514325.jpg

これが今年挿し木したものです。これは100%成功です。
a0249051_23531775.jpg

今日はこれを鉢上げしていきます。
鉢上げする際に使用する土は「赤玉土小粒」、「鹿沼土」、「パーライト」、「もみ殻くん炭」を混ぜて作ります。
なるべく雑菌の繁殖を防ぐため、不要な有機物、肥料分は入れないように注意すること。
a0249051_23572363.jpg

その他、100均で購入した「ゼオライト」、これは根腐れ防止のために使用します。
100均なのでどの程度効果があるかわかりませんが、気休めにはなります。
a0249051_022746.jpg

最後は隠し味として「ミコリーザスタート」を使用します。
これは「グリガデ」のイケメン店長岡本さんから勧められ、以前から使用していますが、効果有りです。
今はこの容器での販売はない?と思いますが、袋販売のものをこの容器に詰め替えて使用しています。
a0249051_075381.jpg

ポリポットに上で作った土を3分の1程度入れ、散水し全体を湿らせ、「ミコリーザスタート」をまき、その上に「ゼオライト」を置きます。この順番の方が根腐れしにくいです。
大苗等を植え替える際は、「ミコリーザスタート」を直接根に降りかけても問題はありませんが、肥料分なしの水の中で発根した太い根は、細根があまりないので、肥料分に弱いと感じています。
ですから、肥料分を含む「ミコリーザスタート」に直接触れないように間に「ゼオライト」を入れます。
そのうち根が伸びれば、「ミコリーザスタート」の菌根菌が根に寄生し、しっかりとした根が張ります。
a0249051_0211391.jpg

この「ゼオライト」の上に、根をなるべく広げて置きます。
a0249051_0235221.jpg

後は、土を足して、水をかけて出来上がりです。
a0249051_025373.jpg

2週間程度すれば、IB肥料を置き肥します。
我が家では高いIB肥料は使えないので、JAで「IB化成S1号」を購入して使用しています。
3500円/20kgぐらいだったと思います。

今年の9月下旬か、10月ぐらいにはポットの底から根が見えてくるので、13cmポリポットに植え替えます。
今年の年末にはこんな感じになります。
種類にもよりますが、1.5m~2mぐらいまで成長するものもあります。
a0249051_0475085.jpg

ここまで伸ばす秘訣は、ポリポットが浅すぎてポールを立てることはできないので、シュートが出てきたら、上から麻ひもで吊ることです。
近所ではバラが首吊りしていると言われますが、安上がりで確実に伸びます。
上の写真にも麻ひもが写っています。
なお、1軍に昇格できないものはずっとこのサイズのポリポットのままで、切り花専用の苗になります。
良いものは大きめの鉢に植えかえられ、主要なポイントに飾られます。

明日からは、皆さんお待ちかねの「害虫シリーズ」です!!
待ってないって? まぁ お付き合いください。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-07-30 00:56 | rose