バラ好き 旅行好き 犬好き


by junryu
カレンダー

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日で2013年も終わりですね。
この1年応援していただきどうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日は小雨が降ったりする中、相変わらず葉っぱむしりをしていました。
結局、終わらなかったので、今日も葉っぱむしりです。
何日葉っぱむしりしてるんだろう?

紹介する最後のクレマチスは「マダム・ジュリア・コレボン」です。
a0249051_23234861.jpg

まずは、つぼみの様子をご覧ください。
写っているバラはデルバールの「ローズ・ポンパドゥール」です。
a0249051_23275010.jpg

全開時の様子です。新枝咲きの多花性です。
a0249051_2330489.jpg

デルバールの「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」とのコラボをご覧ください。
a0249051_23322114.jpg

ギョーの「ポール・ボキューズ」とのコラボをご覧ください。
a0249051_23342859.jpg

デルバールの「ナエマ」とのコラボをご覧ください。
a0249051_23364650.jpg

デルバールの「ビアンヴニュ」とのコラボをご覧ください。
a0249051_23391212.jpg

最後は今シーズンのベストショットでお別れです。
a0249051_23401487.jpg


皆さんよいお年をお迎えください。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-31 00:12 | rose
昨日は午前中は雪がチラつく中、葉っぱむしりをしていました。
が、注文していた「タラバ」が届いたため、女房の実家で昼間から飲んだくれていました。
したがって午後の作業はゼロで、明日には終わるかな?
そういえば去年もそんな感じだったような・・・

今日は「旧ユーゴスラビア旅行記」トロギールその2です。
今日は「カメルレンゴの砦」に登ってみたいと思います。
a0249051_236882.jpg

ここは結構細い階段(1人しか通れないところもあります。)を上り下りするので、女性はスカートではなく、ズボンで来ましょう。
a0249051_2362966.jpg

砦からの風景です。トロギールの町全体を見渡すことができます。
中央に見える一番高い鐘楼が前回紹介した「聖ロヴロ大聖堂」です。
登る価値は十分にあると思います。
a0249051_23103198.jpg

この砦から降りるとフリータイムも終了で、いよいよ夕食です。
まずはサラダからです。かなり雑な感じの盛り付けで・・・味は想像通りです。
a0249051_23153739.jpg

この日も暑かったので私はビール、女房はワインを飲みました。
ワインのぬるさには・・・
a0249051_23165185.jpg

メインはサバとトウモロコシとポテトを煮込んだ「プロデット」です。
a0249051_23195868.jpg

デザートはケーキっぽく見えますが実はアイスクリームです。
a0249051_23201843.jpg

帰りは市場のそばを通ってバスに向かったのですが、そこで売ってあった奇妙な形の食べ物です。
これはポテトを揚げたものです。
a0249051_23221833.jpg


これで旅行の6日目が終わりました。
次回はアドリア海沿いにある港町スプリットに向かいます。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-30 00:19 | travel
昨日は朝から雪がチラチラ降っていました。
一昨日1日中サボってしまったので、昨日は朝からずっとバラの葉っぱむしりをしました。
もちろんまだ終わっていません。全体の2/3程度です。
今日も雪ですが、その中やれば今日で終わると思います。

今日紹介するクレマチスは「アヴァン・ギャルド」です。
a0249051_23515224.jpg

今年初めて咲きましたが、多花性で生育旺盛です。
a0249051_23534671.jpg

こんな感じの小花ですが、複雑な花形をしています。
a0249051_23551912.jpg

新枝咲きなので、強剪定しなければいけません。
こんなに濃い紫で咲く場合があります。
a0249051_23575620.jpg


我が家のクレマチスはバラ以上に手抜きされているので、写真もほとんど撮っていません。
ぞんざいに扱われているその他大勢のクレマチスを紹介します。
まずは「ベノーサバイオラシア」という紫のクレマチスです。
a0249051_01490.jpg

続いて「ジョセフィーヌ」の枝変わりである「エンプレス」です。
a0249051_02325.jpg

最後は広く出回っている「ドクター・ラッペル」です。
a0249051_031658.jpg


これまで紹介してきた大半のクレマチスは昨年の物産展の特売で200円/本で購入した大株です。
値段が値段だったのでだめもとで買ったのですが、全て枯れずに花を咲かせてくれました。
来年はしっかり手入れしてやらねば!!

次回紹介するクレマチスが最後となります。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-29 00:08 | rose
昨日は天気はそんなに悪くなかったのですが、時差ボケでやる気が起こらず、園芸は全くというか外にも出ずに午前中はTV鑑賞、午後は年賀状を作成していました。
今日からは年末寒波の影響で雪みたいです。
今年も残りわずかですね。
穏やかな年の瀬を迎えたかったのですが、この天気では無理かもしれないですね。

今日は旧ユーゴスラビア旅行記6日目の午後の様子をレポートします。
ここトロギールは前出のシベニク同様にダルマチア海岸沿いにある町で小島の上に造られた古都です。
(ちなみに101匹ワンちゃんで有名なダルメシア犬はこの地方原産だそうです。)
本土と橋で繋がっており、その橋を渡ると北門が我々を迎えてくれます。
a0249051_23414089.jpg

町全体が世界遺産に登録されていますが、その中でも見逃せないのが聖ロブロ大聖堂です。
a0249051_23491920.jpg

この教会は13世紀に建設が開始され、17世紀に完成したため、ロマネスク、ルネッサンス様式等が入り混じった独特の建築物となっています。
この入口の「ラドヴァンの門」は必見です。
a0249051_013370.jpg

この鐘楼には登ることができたのですが、自由時間が少な過ぎて諦めました。
a0249051_031994.jpg

ここトロギールはゼウスの末子で「チャンスの神」である「カイロス」で有名です。
そう「チャンスの神様は前髪しかない。」で有名なあの神です。
かくいう私も禿げているので「チャンスの神様」の素質はあるのですが、女房曰く「前髪」も無いのでだめだそうです。
a0249051_02413.jpg

その後、自由時間に本土にある青空市場をブラブラしました。
a0249051_028357.jpg

この市場で「コムハニー入りのはちみつ」を購入しました。
実権はおやじが握っていて値引きの権利を全く持たないくせに調子だけ良い息子の会心の笑み。
a0249051_033483.jpg

その後、ヴェネツィア人によって15世紀に塔から改築された「カメルレンゴの砦」に向かいました。
a0249051_035377.jpg


この町は古代ギリシャ人によってつくられ、その後古代ローマ、中世の時代はヴェネツィアの支配を受けました。
支配者であるヴェネツィア人は外敵だけでなく、トロギール市民から自らを守るためにこの砦を築いたそうです。
次回はこの砦に登ってみようと思います。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-28 00:44 | travel
しばらく留守にしておりましたが、昨日、帰国しました。
留守の間も応援していただいた皆さん本当にありがとうございました。

ベルギー・オランダを巡ってきましたので、その様子は「旧ユーゴスラビア旅行記」が終了し次第、連載したいと思います。

今日紹介するクレマチスは「ジョセフィーヌ」です。
a0249051_9161826.jpg

一番外側に大きな8枚の花弁をもち、その後中央部から小さな花びらが展開していきます。
万重咲きと呼ばれる豪華な咲き方をします。
a0249051_9255290.jpg

昨年伸びた枝と今年新たに伸びた枝の両方に花をつける新旧両枝咲きです。
そのため、どう切っても咲きますので、あまり気にせず剪定できるので管理が楽です。
a0249051_9284961.jpg

咲き進むと外側の大きな花びらが取れてきますが、花もちがよく、1ケ月程度はもちます。
a0249051_932870.jpg

ER「ローズ・マリー」とのコラボをご覧ください。
a0249051_933657.jpg

ER「メアリー・ローズ」とのコラボをご覧ください。
a0249051_934103.jpg

デルバール「ローズ・ポンパドゥール」とのコラボをご覧ください。
a0249051_9352477.jpg

最後は今年のベストショットでお別れです。
a0249051_936563.jpg


上の写真の様な感じで、複雑な花形をした大輪が木を覆うように大量に咲きます。
そのため、バラとコラボさせるとバラより目立ってしまうことがこのクレマチスの弱点です。

現在も3番?4番花?が咲いていますので、本当に性能のよいすばらしいクレマチスだと思います。






ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-27 09:41 | rose
今日は旅行記シベニクその2です。
海岸沿いの階段を上っていくとレプブリカ広場で「聖ヤコブ大聖堂」が我々を待っていました。
a0249051_03916.jpg

「大聖堂」の北側入り口である「ライオンのドア」です。
入り口の左右には名の通りライオンの像、その上には裸体のアダムとイヴの像も左右に配してあります。
a0249051_074999.jpg

内部に入ってみましょう。
残念ながら内部は工事中でした。
「バラ窓」をご覧ください。
a0249051_092189.jpg

続いて洗礼室へ移動しました。中央には洗礼台がありますが、みんな上を向いています。
a0249051_0113693.jpg

その目線を追いかけてみるとそこには華麗な天井装飾が・・・すごい!!
a0249051_0132830.jpg

外に出て大聖堂を見上げると、かなり複雑な建築となっています。
この聖堂は当初ゴシック様式でその後ルネッサンス様式に変更されて建築されています。
a0249051_0173370.jpg

この大聖堂の特筆すべき点はその外観にある71人の頭部の彫刻です。
この彫刻はその当時の町の有力者らしいのですが、有力者のすることは今も昔も変わらないようです。
a0249051_0233957.jpg

その後、市内観光に行きましたが、印象的だったのは、このアイスクリーム屋さんでした。
やっぱり「キティちゃん」は偉大でした。クロアチアにまで進出していました。
ちなみに客の女性は女房ではありません。
a0249051_0261278.jpg

その後、午前中と同じく海岸線を通ってここシベニクを後にしました。
美女がボートの上から見送ってくれました。
a0249051_0305488.jpg


私は禿げているので後ろ髪は無いのですが、後ろ髪をひかれる思いでシベニクを後にし、私と同じく後ろ髪のないカイロスを守護神とする町トロギールに向かいました。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-26 00:10 | travel
I'm dreaming of a white Christmas With every Christmas card I write
May your days be merry and bright And may all your Christmases be white !


今日紹介するクレマチスは「プリンセス・ダイアナ」です。
a0249051_143022.jpg

まずはつぼみの様子をご覧ください。
a0249051_151530.jpg

スカーレット・レッドのチューリップ咲きです。
多花性でかわいらしい花を咲かせます。
a0249051_182262.jpg

横顔をご覧ください。
a0249051_19425.jpg

このクレマチスの種をご覧ください。
左下のだめになった刷毛みたいなのがこのクレマチスの種です。
a0249051_1123844.jpg

「バーガンディ・アイスバーグ」とのツーショットをご覧ください。
a0249051_1141983.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」とのコラボをご覧ください。
a0249051_1152759.jpg

最後は「ローズ・ポンパドゥール」とのコラボをご覧いただいて今日はお別れです。
a0249051_1162390.jpg


皆さんの1日がHappyでありますように!

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-25 00:10 | rose
クリスマス・イヴ、皆さんはいかがお過ごしですか?
今日はクリスマス・マーケットに出かける予定にしています。
皆さんが幸せな1日が送れますように。

今日は旅行記です。
ボスニア・ヘルツェゴビナのビハチを後にし、3時間半ダルマチア海岸をドライブし、クロアチアのシベニクに到着。
ここシベニクはクロアチアのアドリア海岸の中央に位置し、世界遺産に登録されている「聖ヤコブ大聖堂」で有名な古都です。
a0249051_23373626.jpg

海沿いのフラニョ・トゥジュマン通りを歩いていると左奥に「聖ヤコブ大聖堂」のドームが見えてきました。
a0249051_2338393.jpg

アドリア海には黒船を彷彿させるような帆船(帆をあげていないけど)が浮かんでいます。
海岸に居るせいか今日も一段と日差しが強く感じられます。
a0249051_23365888.jpg

観光前にまずは昼食です。
暑いのでとりあえずビール。そういえば家では全く飲まないのに旅行では毎食飲んでるな!
a0249051_23425280.jpg

スープはフィッシュ・スープ。塩加減がよく、おいしかったです。
見えませんが、魚肉が沈んでいます。
a0249051_2345201.jpg

メインはイカのグリルです。まあ想像通りの味です。
a0249051_23475774.jpg

デザートはアイスです。アイスクリームに見えないかもしれませんがアイスクリームです。
味? 日本のアイスクリームが恋しいです。
a0249051_23495533.jpg

昼食後、いよいよ「聖ヤコブ大聖堂」へ向かいます。
a0249051_23505945.jpg


シベニクその2に続きます。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-24 00:10 | travel
もうクリスマスの準備は済まされたでしょうか?
各地のクリスマスイルミネーションの名所はカップルでいっぱいでしょうね。
明日がいい天気でありますように。

今日紹介するクレマチスは「マリア・ルイーズ・イェンゼン」です。
a0249051_6294980.jpg

日の当たり具合でかなり異なった色合いに見えるクレマチスです。
日陰で見ると白っぽく見えます。
a0249051_6315074.jpg

日向で見ると輝くような紫色に見えます。
a0249051_6324147.jpg

日陰でスポットライトが当たったかのように見える花がきれいです。
虫に食べられてしまっていますが・・・
a0249051_6352589.jpg

陰にも風情があります。
a0249051_6361767.jpg

全体はコンパクトにまとまっています。日に当たっていない状態です。
a0249051_6374221.jpg

日が当たるとこんな感じになります。
a0249051_6383779.jpg

最後はER「グラハム・トーマス」とのツーショットでお別れです。
a0249051_639481.jpg


しべの色まで含めて本当に美しいクレマチスです。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-23 00:10 | rose
プリトヴィッツェ湖群国立公園の続きです。
公園内の地図です。園内のエコカー(電気自動車)や遊覧船のコースや湖、滝の名前が載っています。
a0249051_22375823.jpg

至る所に滝や湖を記した看板が立っています。
a0249051_22391726.jpg

気温36℃の中歩き続け、やっと昼食となった。
飲み物は「ラドラー」を注文。
「ビール」を「レモネード」で割ったもの。爽やかだがぬるい。
a0249051_2247273.jpg

前菜はチーズと生ハム、野菜の盛り合わせ。
チーズは嫌いなので生ハムだけ食す。
a0249051_22491014.jpg

メインは湖だけあってマス料理でした。
a0249051_2250786.jpg

デザートはドーナツ? 穴があいていないのでかなり違和感が・・・
しかもかなりオイリー・・・
a0249051_22593852.jpg

昼食後、再び国立公園内観光に。
午前中あれだけ感動していた風景にもすっかり飽き、ただ暑い中を死の行軍。
湖上はこんな遊覧船で渡るのだが、乗船するには長蛇の列に並ぶ必要があります。
a0249051_22591889.jpg

この滝「ヴェリキ・プルシュタヴツィ」が見えてくるとこの長かった散策も終わりです。
滝のしぶきが辺りに飛び散り、干からびた肌に心地よかったです。
a0249051_0354826.jpg


やっと終点に着き、エコカーでバスまで帰りました。
バスのクーラーの涼しさといったらこの世の楽園だった。
この公園の観光は長くても半日程度でいいと思いました。

またあの灼熱地獄が待つホテルに帰るのかと思うとかなり憂鬱になるが、到着するや否や豪雨。
気温は36℃から25℃まで急下降。
私はやっぱり究極のハレ男! 雨の予報でも観光中は雨は降らせません!!
この日は快適な気温の中で熟睡できました。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2013-12-22 00:10 | travel