バラ好き 旅行好き 犬好き


by junryu
カレンダー

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日は15℃と4月並みの暖かさでした。
残念ながら雨でしたけど・・・
今日も最高気温は14℃まで上がるようだけど暖か過ぎです。
最高気温は10℃ぐらいで勘弁して欲しいものです。
もうしばらくの間は・・・

今日は旅行記です。
ルジャ広場から時計台とスポンザ宮殿の間を抜けて旧港に昼食に行きました。
旧港の様子です。左端に聖イヴァン要塞が見えますね。
a0249051_06275.jpg

昼食のレストランです。入り口にはオリーブの木があります。
a0249051_064233.jpg

レストランの入り口はあまりおしゃれではありませんが、レストランの内部は旧港に面していてロケーションは最高です。
先ほどの聖イヴァン要塞からレストランを眺めてみました。
中央部のアーチがある部分がレストランです。おしゃれでしょう!!
a0249051_07438.jpg

まずはトーストからです。ジェノバペーストがおいしかったです。
a0249051_071831.jpg

メインはシーフードリゾットです。これもおいしかったです。
a0249051_073369.jpg

デザートはカステラっぽく見えますがプリンです。
a0249051_074762.jpg

以上が昼食の様子です。
その後市内観光をして、昨日と同じホテルに帰り、夕食です。
バイキングなので、こんな感じです。
この日は日本人客が多いということで串焼きが用意されました。
a0249051_08666.jpg

この料理をこの夕日を見ながらいただきました。
a0249051_082151.jpg


次回はドブロヴニクの城砦に登ります。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-31 00:23 | travel
昨日は暖かだったですね。
今日は朝から雨です。
気温も今の時点で10℃を越えており、暖かな雨が降っています。
昼ぐらいまでは本格的に降るようです。

今日はバラを飾ります。
「ロマンティック・アンティーク」、「ラ・パリジェンヌ」、「アブラハム・ダービー」です。
さすがにこの時期のバラはお疲れ気味で、咲き方も春と異なっています。
a0249051_632295.jpg

「マダム・イサーク・プレール」、「イングリッシュ・ヘリテージ」、「ローズ・ポンパドゥール」です。
こんな花束はいかがですか?
a0249051_63419.jpg

裏側には「キャラメル・アンティーク」、「プロミリネ」、「トットちゃん」がありました。
a0249051_635911.jpg

「トットちゃん」のアップです。
花びらも少なく、少し痛んでいます。
a0249051_642432.jpg

花束を生けてみました。
a0249051_644287.jpg

サイドから見ると「メアリー・ローズ」もありました。
この角度から見ると淡い色のバラばかりが見えています。
a0249051_6507.jpg

「ジュード・ジ・オブスキュア」、「トットちゃん」、「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」、「ローズ・ポンパドゥール」を飾ってみました。
a0249051_651950.jpg

別角度からどうぞ。9月の終わりでかなり残暑が続いていたのですが、「ジュード・ジ・オブスキュア」あたりはかなり形が整ってきました。
a0249051_653815.jpg


今日は9月のバラを飾ってみました。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-30 06:19 | rose
昨日は午前中こそ晴れましたけど、午後から弱い雨。
気温も予報ほど上がらず、バラにとっては良かったです。
今日は快晴の様ですが、気温はなるべく上がらない方がいいなぁ。

今日は旅行記です。
前回同様、市内を散策しようと思います。
プラツァ通りを直進し、ルジャ広場を目指しましょう。
時計台の前にある広場です。
a0249051_348398.jpg

ルジャ広場には時計台に向かって左に「スポンザ宮殿」、右に「聖ヴラホ教会」があります。
これが「聖ヴラホ教会」です。
以前も書きましたが、聖ヴラホはこの町の守護聖人です。
この教会の前には「オルランド(ローラン)の柱」が立っています。
オルランドはフランク王国のカール大帝に仕えた騎士の1人で自由の象徴として建立されています。
a0249051_348534.jpg

時計台とスポンザ宮殿の間を左折すると「ドミニコ会修道院」があります。
ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスなど様々な様式で建築されています。
a0249051_3491974.jpg

再びルジャ広場に戻り、時計台に向かい右折し、直進すると「聖母被昇天大聖堂」がそびえたっています。
もともと十字軍の折、この町の海上で遭難したイギリス国王リチャード1世がマリア様に救済を祈り、そのお礼として12世紀末に建立されたもので、オリジナルは17世紀中旬の大地震で崩壊してしまったため、現在のものはその後バロック様式で再建されたものです。
a0249051_3493654.jpg

「聖母被昇天大聖堂」入口からルジャ広場方面を眺めたものです。
奥の山がスルジ山です。
右に見える建物が「総督邸」です。
この建物はこの町を支配していたラグーサ共和国の総督の屋敷で評議会や元老院などもそこに置かれていた。
元々ゴシック様式で建てられましたが、火薬庫の爆発により一部が破壊されたため、ルネッサンス様式で修復されました。
ちなみに、その後の大地震で壊れた部分はゴシック様式で修復されている。
a0249051_350054.jpg

「総督邸」の正面の小道の突き当りには青空市場がありそこには「聖イグナチオ教会」に続く登りの階段があります。
a0249051_3501839.jpg

急な階段を登ると「聖イグナチオ教会」があります。
教会前の広場にあった市場でテーブルクロスを買いました。
a0249051_3503377.jpg

最後は、この町の中央部にある「セルビア正教会」です。
これでこの町にある教会関係はすべて廻ったことになります。
a0249051_3505231.jpg


次回はドブロヴニクの旧港で食事をします。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-29 04:40 | travel
昨日の朝は放射冷却と寒気の流入の影響で-3℃でした。
この間雪をかぶっていたルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは霜だらけになっていました。
a0249051_6152011.jpg

近くの空き地も霜で真っ白になっていました。
a0249051_6154540.jpg

今日はまだ外に出ていませんが、恐らく昨日並みに冷え込んでいると思います。
しかし、日中は15℃ぐらいまで気温が上がる予定です。
このままでは折角剪定したのに芽が伸びてしまう・・・・

今日はバラを飾りましょう!!
濃いピンクの「悠久の約束」、赤い「ローズ・デ・キャトル・ヴァン」と名前がわからないピンクのバラです。
a0249051_616169.jpg

「悠久の約束」です。独特のピンク色が眩しいぐらいです。
a0249051_6162418.jpg

左斜め45°から見てやってください。
a0249051_616469.jpg

右斜め45°から見てやってください。
こちらの方がいいみたいです。
a0249051_6171047.jpg

続いてデルバールの「ローズ・デ・キャトル・ヴァン」です。
きれいな赤です。
a0249051_6173037.jpg

左斜め45°からご覧いただいてお別れです。
a0249051_6175685.jpg


今日は8月のバラをご覧いただきました。
次回は9月のバラをご覧いただきます。




ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-28 06:31 | rose
昨日は朝から剪定、剪定、剪定。
1日かけて鉢植えの剪定をやっていました。
ようやく鉢植えの剪定が終了しました。
でも、両サイド、裏庭の一部の剪定が残っています。
来週は土日出勤なので、剪定が終了するのは2月中旬になりそうです。
誘引は・・・?

今日はこの土曜日に行った温泉の様子をアップします。
前回同様、今回も「一の俣温泉」に行きました。
いつも通り、道の駅「西市」に寄りました。
前回は野菜売り場を紹介しましたが、今回はその奥にある土産物売り場の様子を紹介します。
a0249051_6411874.jpg

果物売り場にはイチゴだけではなくいろいろな果物が・・・
今回はイチゴとリンゴを買いました。
リンゴは9個で500円でした。
a0249051_6413951.jpg

今回も「一の俣温泉グランドホテル」にお邪魔しました。
a0249051_6415954.jpg

先週に降った雪がこの暖かさでも解けずに残っており、絶好の温泉日和?でした。
a0249051_6423050.jpg

この日の朝9時の気温は2℃、中庭の噴水も寒そうです。
a0249051_643865.jpg

前回、温泉の効能を質問される方が多かったので、効能をアップしときます。
脱衣場にはもっと詳しい効能表があるのですが、脱衣場での撮影はさすがにN.Gなので・・・
a0249051_6433345.jpg

1月と2月の終わりにここの温泉には撮影が入る予定になっています。
a0249051_644064.jpg

じゅん「わたしも温泉に連れて行って!!」
a0249051_6441896.jpg


明日はバラを飾ります。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-27 06:56 | season
昨日は朝から雨が降りそうだったので、腰の養生のため温泉に行きました。
この様子は明日にでもアップします。
午後は雨が降っていたので作業もできず、昼寝で爆睡。
充実した?1日でした。

今日は旅行記です。
今日はドブロヴニク市内を歩いて見ようと思います。
ドブロヴニクは城砦に囲まれた都市ですが、入口が3つあります。
その1つピレ門から市内に入っていきましょう。
凄い数の観光客です。
a0249051_7295096.jpg

ピレ門の上部にはこの町の守護聖人の「ブラホ」の像が安置してあります。
a0249051_7301355.jpg

ユーゴスラビア内戦の折、この町の住人はここは世界遺産の街だから戦禍に巻き込まれないであろうと思っていたらしいが、激しい砲撃に遭い至る所が破壊され、危機遺産に指定されることとなった。(もちろん現在は危機遺産から解除されている。)
この地図の印がついている部分が砲撃により被害を受けた所である。
a0249051_7303079.jpg

この町のメイン通路プラツァ通りの様子です。
この町を東西に横切っています。
ここも人、人、人です。
左に見えるのが「フランシスコ修道院」です。
a0249051_7304766.jpg

ピレ門をくぐってすぐ右側には「オノフリオの大噴水」と呼ばれる建造物があります。
15世紀に12km離れたリエカ・ドゥブロヴァチュカから水を引いて造られた噴水というか水道です。
a0249051_731854.jpg

このような蛇口?がこの建造物の側面に配置され、現在も冷たい水が町人や観光客に供給されています。
a0249051_7313611.jpg

左側の「フランシスコ修道院」に入り、中庭からプラツァ通り方面を見てみました。
中庭からも塔が見えますね。
a0249051_7315032.jpg

この修道院はヨーロッパで3番目に古い薬局があることで有名です。
内部にはここを訪れた著名人のサインの書かれたプレートが掲げられていました。
日本のところを見ると「清子」とあります。
皇族の「紀宮」様が2002年10月16日に訪れられたようです。
a0249051_815110.jpg


次回もドブロヴニク市内を散策します。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-26 08:22 | travel
昨日は朝―2℃、日中は14℃で気温差の激しい1日でした。
今日も日中は昨日並みに気温が上昇しますが、生憎の雨。
なにもできません・・・
あっ 腰の養生はできそうですね。

今日はバラを飾ります。
まずはデルバールの「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」、「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」、ER「スピリット・オブ・フリーダム」、「ルージュ・ロワイヤル」です。
a0249051_6335862.jpg

引いて見ました。ワンちゃんが皆さんにどうぞって言ってますね。
a0249051_6341614.jpg

続いてはこのバラたちです。
これは8月下旬のバラで春バラとかなり異なった姿で咲いています。
中央から右上に見えるバラは何でしょう。?
a0249051_6343458.jpg





正解は「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」です。
春バラは茶色があまりのりませんが、夏バラは必要以上に乗ってきます。
a0249051_6344997.jpg

右斜め前から眺めてみました。
上のバラと同じバラとは思えませんよね。
a0249051_6351015.jpg

今度は左斜め前から眺めてみました。
次の問題です。
左側の開いたバラは何でしょう。?
a0249051_6352668.jpg





正解はデルバールの「ラ・パリジェンヌ」です。
春はこんな感じで咲いています。
a0249051_6361059.jpg

これも春バラよりオレンジ、茶系が濃くなっています。

最後は正面から見ていただいてお別れです。
a0249051_6363023.jpg



今日は8月下旬のバラの様子を紹介しました。




ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-25 06:50 | rose
昨日の朝は-3℃。霜が降りて辺りは一面の銀世界。
いつも通り車は霜の塊で、フロントガラスにお湯をかけても縁から再び凍りついてしまいます。
この凍りつく様子が車内から見ると何だかとてもきれいです。

それにしてもマー君凄いことになりましたね。
1登板あたり1億円ですか・・・しかも7年間・・・
メジャーでも頑張ってほしいものです。

今日は旅行記です。
今日は今回の旅行のメイン、「アドリア海の真珠」と呼ばれるドブロヴニク観光です。
ここのは1日半かけて観光しました。
まずは駐車場から見たこの町の遠景です。
a0249051_0422468.jpg

少し寄ってみました。
町の周りが城壁に囲まれていることがわかります。
オレンジ色で統一された屋根がとてもきれいです。
a0249051_0424227.jpg

この町をまずは上空から眺めるため、このロープウェイでスルジ山に登りました。
a0249051_043292.jpg

緩やかなスピードで登っていきます。
コンクリートの城壁から徐々にオレンジの屋根が見えてきます。
a0249051_0432199.jpg

町の東側の旧港の様子です。
聖ルカ要塞と聖イヴァン要塞の2つの要塞に囲まれたこの港がかつてはいかに重要であったが偲ばれます。
現在はロクロム島などに向かう船舶がこの港を利用しています。
a0249051_0434183.jpg

少し引いてみましょう。
アドリア海の美しさに引き込まれそうです。
a0249051_044238.jpg

ドブロヴニクをロープウェイから見てみました。
「紅の豚」の中で、主人公ポルコ・ロッソが上空から見ていた風景がそこに広がっていました。
a0249051_0442616.jpg

スルジ山頂からの風景です。
町のオレンジと海の青がとてもマッチしていてきれいです。
a0249051_0445438.jpg


次回はこの町を散策します。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-24 01:07 | travel
昨日も一日寒かったですね。
朝の気温は―1℃。
夜中に降った雪が、フロントガラスでガチガチに固まっていました。
道路も凍結していました。
今日の朝も凍結する可能性が・・・
今日からこの寒気もゆるんでくるそうだが・・・
本当にそうあって欲しいものです。

今日はバラを飾ってみましょう。
まずはデルバールの「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」です。
サーモンピンクがとてもきれいです。
a0249051_0295825.jpg

庭で咲いていたバラを飾ってみました。
a0249051_0303026.jpg

「ローズ・ポンパドゥール」、「トットちゃん」、ER「ジュード・ジ・オブスキュア」です。
a0249051_0305476.jpg

角度を変えてみてみました。
「ルージュ・ロワイヤル」の赤が際立っています。
a0249051_0313789.jpg

場所を元に戻しました。
この色はこちらの方が合うようです。
a0249051_0323346.jpg

ER「キャリアド」です。少し開き過ぎてしまいました。
a0249051_033633.jpg

裏側にはいつものこの人たちが隠れていました。
a0249051_0333636.jpg

最後は「ルージュ・ロワイヤル」、「ローズ・ポンパドゥール」でお別れです。
さすがにこの時期になると本来の姿では咲けないようです。
a0249051_0341045.jpg


今日は7月初旬から中旬の様子をご覧いただきました。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-23 00:49 | rose
昨日は寒かったですね。最高気温は5℃。
こちらでは珍しく1日中雪でした。
もちろん積もることはありませんでしたが、これから朝にかけて降り続けば積もるかもしれません。
今日も雪の予報です。
今日をやり過ごせば週末は春の陽気だそうです。雨だけど・・・

今日は世界遺産コトルの街を散策します。
ここコトルはモンテネグロにあります。この国名はモンテ・・・山、ネグロ・・・黒い
つまり「黒い山」という意味です。
ちなみに「モンブラン」はモン・・・山、ブラン・・・白い
つまり「白い山」という意味です。
コトルの背後にはこの語源になった石灰質の山がそびえています。
a0249051_091431.jpg

コトルの見取り図です。▲印のところが入口です。
a0249051_092853.jpg

入口です。くぐってみましょう。
a0249051_094286.jpg

この町の代表的な建築物の1つロマネスク様式の「聖トリプン大聖堂」です。
ここコトルはローマ・カトリックとギリシャ正教の境界上にあるので、それぞれの宗派の教会が存在します。
この教会はカトリックの教会です。
a0249051_095741.jpg

コトルも土地柄様々な国に征服、支配されており、特にヴェネチアの影響を強く受けている。
a0249051_0101943.jpg

これもこの町の代表的な教会の1つロマネスク様式とビザンチン様式がミックスされた「聖ルカ教会」です。
元々カトリックの教会として建立されましたが、後にセルビア正教会の教会になりました。
a0249051_0103693.jpg

この教会の隣には同じくセルビア正教会の「聖ニコラス教会」もあります。
遠くにはイスラム教のモスクも存在します。
背後の山には中央から右上にかけて城砦が築かれているのがわかります。
a0249051_011077.jpg

コトルは街の周囲をベネチアによって築かれた強固な城砦で取り囲まれています。
奥の山の頂上には砦が築かれています。
a0249051_0112430.jpg


次回はいよいよジブリ映画「紅の豚」の舞台となったドブロヴニクを歩きます。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by junryu2012 | 2014-01-22 00:47 | travel