バラ好き 旅行好き 犬好き


by junryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
昨日は晴れていましたが、黄砂やらpm2.5やら花粉でガスってました。
目がかゆいやら鼻水が垂れるやらくしゃみが止まらないやら大変でした。
花粉症がかなり重篤化しているようです。
早く楽になりたいものです。

今日は先週の花卉品評会の後、バーベキューをしたのでその様子をお伝えします。
まず、主役はこいつです。
今回は奮発してA4、5ランクの牛切り落としです。
a0249051_0325952.jpg

早速焼きましょう。
少し火力が強過ぎたようです。
a0249051_0332354.jpg

では、いただきます。
キムチと一緒にいただきましょう。
a0249051_034047.jpg

タレにもこだわって韓国産のを使用してみました。
梨が使用してあって甘めのたれです。
a0249051_0342697.jpg

牛たんもいってみましょう。
a0249051_0345025.jpg

肉の後は海鮮です。
まずは「ノドグロ」です。
脂がのっていて非常においしかったです。
a0249051_0352384.jpg

最後は「ハタハタ」と「ハマグリ」で仕上げましょう。
a0249051_0355116.jpg

じゅん「なっ何なのこのいいにおいは? 私の分は?」
a0249051_0361669.jpg


少し寒かったですけど、やはりB.B.Qは楽しくおいしいかったです。
次回は「平成25年度春季山口県花卉展示品評会」のバラ部門後篇です。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-09 00:47 | food
昨日は晴れましたが、冬の青空!!って感じで冷え冷えとしていましたね。
いつまで冬型が続くのやら。

今日はシーモールで開催されていた「平成25年度春季山口県花卉展示品評会」のバラ部門の紹介をしようと思います。
a0249051_11709.jpg

バラ部門はこのレーンです。
みんなバラ部門を見ていないですね。(笑)
a0249051_1172288.jpg

まずは目をひく明るい黄色「ゴールデン・チャイルド」です。
「努力賞」を受賞したバラです。
a0249051_1174269.jpg

続いておいしそうなバラ「キャンディアバランチェ」です。
「優秀賞」を受賞したバラです。
a0249051_1181269.jpg

ビタミンカラーで元気をくれる「ミルバ」です。
「努力賞」を受賞したバラです。
a0249051_1183226.jpg

今日紹介するバラの中で2番目に気になったバラ「ブルーミルフィーユ」です。
あやしげな紫とアンティークタッチのグラデーションが素敵です。
a0249051_1185966.jpg

次はスプレーバラ「アリシア」です。
「優秀賞」を受賞したバラです。
a0249051_1192094.jpg

最後は今回の品評会で1番気に入ったバラ「ラシャンス」です。
今回の品評会では無冠でしたが、香りも強く花形も色も異彩を放っているように私には感じられます。
私が「じゅんりゅう賞」を送りましょう!!
a0249051_1193666.jpg


次回は「平成25年度春季山口県花卉展示品評会」のバラ部門後篇です。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-08 01:46 | rose
昨日は1日中寒かったですね。
雪も少しちらつきました。
春は少し遠のいた感じですが、日本の南には昨日まで台風3号が存在していました。
この時期に台風? しかも3号!?
でも、確実に春は近付いているようです。
来週の頭までは寒気が居座るようですが、もうしばらく我慢しましょう。

今日は旅行記です。
「聖母教会」を後にして、マルクト広場を目指します。
a0249051_0273244.jpg

こんな感じでボートに乗り、観光することもできます。
乗り過ぎ!!と思うのですが・・・
a0249051_0282198.jpg

マルクト広場の目印となる「鐘楼」が見えてきました。
15分ごとにカリヨンがなるらしいが、残念ながらそれを聞く機会はありませんでした。
a0249051_0283912.jpg

マルクト広場に着きました。
ヨーロッパに旅行に行かれた方なら、この広場の名を色々な街で耳にすると思います。
マルクトとは市場のことで、市場が開かれる広場といった意味でしょうか。
右側の小屋がクリスマスマーケットの小屋です。
a0249051_0285745.jpg

マルクト広場で「鐘楼」の次に目立つ建物の「州庁舎」です。
a0249051_2074548.jpg

マルクト広場は人でごった返していました。
この83mある「鐘楼」にも昇ることができますが、自由時間が短かったので今回は無理でした。
a0249051_0293747.jpg

さらに奥のブルグ広場には15世紀のゴシック建築の「市庁舎」があります。
尖塔や壁面を飾る彫刻が素敵です。
a0249051_0301683.jpg

近くのスーパー?にこんな人が立っていました。
日本の「ゴッド姉ちゃん」にどことなく似ていません? 「リーブ!! 21♪」
a0249051_0303267.jpg


次回がブルージュ編の最終回です。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-07 00:49 | travel
今日は啓蟄、冬籠りしていた虫たちも外に出てくる時期らしいが、今年は無理っぽいですね。
生憎ですが、今日から寒の戻りで週末に向けてかなり寒くなるようです。
これは体にも、伸び始めたバラの芽にも悪影響を与えそうです。

今日は先日出かけた際、偶然遭遇した春の兆しについて書きます。
この間の日曜日、女房と義母さんと改装した下関大丸へ買い物に出かけました。
お目当てはこれです。
a0249051_0193216.jpg

その中でもこの人のブースには長蛇の列ができていました。
新作?の塩キャラメルのブリュレを購入しました。
a0249051_0195642.jpg

こんな感じです。
女房は味に大満足でしたが、私はノーマルの方が好きかも・・・
a0249051_020163.jpg

その後、義母さんたちと別れて、私は隣接するシーモールで開催されていた「花卉展示品評会」を見に行きました。
a0249051_0203755.jpg

まずは、チューリップです。八重咲きや変わり咲きもあり、楽しめました。
a0249051_0205328.jpg

続いてガーベラです。あまり見ている人が多くなくてもったいない気がしました。
a0249051_0211038.jpg

最後は一足早く、桜をお届けしましょう。「河津桜」です。
淡いピンクがとてもきれいです。
a0249051_0212650.jpg

これが私の一番好きな桜です。
「寒緋桜」です。この濃いピンクがなんとも言えません。
a0249051_0214553.jpg


次回はこの「花卉展示品評会」に出展されていたバラを紹介します。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-06 00:35 | rose
かなり花粉がきつくなってきましたね。
暖かくって、風が適度に吹くと最悪です。
杉花粉は今がピークだそうですけど、くしゃみは出るわ、芽はかゆいわ。
今年って、花粉が少なくなるって予報じゃなかったっけ!!

今日は昨年の11月に仕込んだ植え替え用の土について書こうと思います。
レシピ通りの材料を混ぜ、ポリ鉢に入れて発酵させました。
a0249051_5331763.jpg

発酵して表面に様々な菌が繁殖しています。
まだこんな感じでは発酵は不十分です。
a0249051_5334062.jpg

何鉢かまとめてひっくり返します。
発酵が進んだものとそうでないものがあるのがわかります。
右の奥のは発酵が不十分です。
a0249051_5345380.jpg

これらを混ぜ合わせて発酵を均一にします。
表面が真っ白になったいますね。
切り返しと同じ効果もあります。
a0249051_5351832.jpg

1週間後の様子です。
少し発酵が落ち着き、菌の様子も落ち着いたようです。
a0249051_5354341.jpg

これに放射菌が繁殖しているバーク材を混ぜて、もうひと発酵させましょう。
a0249051_5361265.jpg

これらを混ぜ合わせて、発酵具合をもう一度均一にします。
a0249051_5364662.jpg

今回はEM菌のかわりにこの資材を加えて追発酵させます。
エビ、カニ殻からつくられた活性剤です。
放射菌の餌として使用します。
a0249051_5374590.jpg


これを2月まで発酵させて、植え替えをしていきます。
土のレシピについては昨年の7月の終わりの「我が家の土のレシピ1・2」をご覧ください。

どうもまたPCの調子が悪いようです。
勝手にテーマしか入力していない空の記事を送信してしまいます。
もちろんテーマの入力途中ですから、一番下にある送信ボタンは押してないのですが・・・
これは増税前にパソコンを買い替えろとのお告げかも!?


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-05 06:05 | rose
昨日は久々の快晴!!
風はかなり強めに吹いていますが、時間が無いので脚立の上に昇って誘引。
腰を痛めてすべての工程が後手後手になっている。
この時期に誘引するとかなり芽を飛ばすことになります。
芽かきも同時にしてるんだ(芽かきなんてしたことないんですが)と自分を納得させながら強風にあおられながら誘引。
1日中やって半分程度終了。
残り半分はもうやる時間がないのでしないことにしました。

当方では今日の夜から雨。
天気予報によると1週間ずっと雨模様。
??。
梅雨でもこんなことないぞ!!
山口県地方の方、今日の晴れは貴重なので、作業が残っている方は急がれた方がいいかも。

今日は旅行記です。
「ベギン会修道院」を後にし、「マルクト広場」を目指します。
a0249051_328305.jpg

この町の観光の移動手段は徒歩か馬車です。
a0249051_3285431.jpg

馬車乗り場の近くには蛇口じゃなくって馬口が!?
a0249051_3291467.jpg

移動途中、「ヴェネチア」を思わせるような風景も広がっていました。
水路をボート(ここはゴンドラではありません)で観光する人もいました。
a0249051_3294426.jpg

入り口の彫像がきれいなこの建物は「メムリンク美術館」です。
a0249051_330374.jpg

「聖母教会」が見えてきました。
移動途中で見たこの全景が一番きれいだったかも?
a0249051_330236.jpg

メイン通りからこの教会に寄ってみましょう。
かなりの人通りです。
a0249051_3304927.jpg

教会を見上げながら「マルクト広場」を目指しましょう!!
a0249051_3315980.jpg


次回は「マルクト広場」の様子を書こうと思います。

昨日からエキサイトの調子が悪く、記事をあげてもping送信されません。
今日はうまくいくのかな?


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-04 03:46 | travel
高梨選手、五輪後W杯2連勝して、2年連続W杯年間総合優勝しましたね。
オリンピックがトラウマになっていなくって安心しました。
本当におめでとうございます。
中央の一番高い表彰台に昇っても、2位、3位の選手の方が彼女より背が高いです。
そんな小さな体でよく頑張った!!


今日はスタンダード仕立てのつくり方の終わりのところで書いたモッコウバラや、ロンサールに他の品種を接いだ様子をご覧いただこうと思います。
まずはこれをご覧ください。
2年前の画像ですが、周りはモッコウバラなのですが、中央にそれっぽくない赤い葉の枝が伸びてきています。
a0249051_6205319.jpg

現在はこんな感じになっています。
しっかりとモッコウバラに活着しています。
その当時、ネットなどで調べてみるとモッコウバラは台木としては不可とありましたが、その後の様子もいい感じです。
a0249051_621573.jpg

接いだバラが咲いた時の様子です。
品種はHT「ブラックバッカラ」です。
a0249051_6222650.jpg

昨年秋にも芽接ぎしましたが、芽が伸びてきていますね。
a0249051_6224893.jpg

家の入口にある「ピエール・ドゥ・ロンサール」にも接いでみました。
a0249051_62342.jpg

毎年、ロンサールはきれいに咲くのですが、その中で異なる種類のバラが数輪混ざって咲くとアクセントになりそうです。
a0249051_6233654.jpg

基本は剪定対象の古い枝に接いでいますが、うまくいっている感じです。
a0249051_6262241.jpg

こちらの芽はかなりやる気になっています。
本音を言えばまだまだ霜が降りるので、もう少し休眠していて欲しいところです。
a0249051_6264550.jpg


今回はつるバラにHTを接ぎましたが、つるバラにつるバラを接ぐのもありかなと思っています。
接ぎ方はスタンダード仕立てのつくり方をご覧ください。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-03 13:43 | rose
2月の末のTV番組で例のツイッターの釈明?を繰り返していたJOC会長のご子息はどうにかなりませんかね?
番組の中で釈明するのかな?と思っていたら「オリンピックは勝ちに行くから面白い」「負けてもOKになったら、オリンピックは価値がなくなる」「メディアが見てる側に参加することに意義があるとか言っちゃいけない」などとのたまっておられました。
近代オリンピックの父クーベルタンの「オリンピックは、勝つことではなく参加することにこそ意義がある」という言葉をどう考えておられるか是非お聞きしたいものです。
恐らくクーベルタンのこの言葉が救いになったと思われるご自分のお父上の五輪での成績についても一言コメントいただきたいものです。
このオリンピックで私はメダルを取った姿にはもちろんのこと、取れなくてもベストを尽くすその姿に感動を覚えました。
多くの人がそうであったように、そのような姿に素直に感動できる自分で良かったです。
彼の目にはメダルを取れなかった多くの選手たちの涙は何の価値のないものに映ったのでしょうね。


今日は旅行記です。
この時期のヨーロッパらしい曇天の中、世界遺産ブルージュ歴史地区観光に出かけました。
私たち夫婦は晴れ男・晴れ女なのですが、どうやら今回のツアーには超強力な雨男・雨女が参加されていたようで、なかなか天気に恵まれませんでした。
まずは「愛の湖公園」です。
a0249051_2195817.jpg

多くの白鳥が羽を休め、のどかな雰囲気です。
a0249051_2205066.jpg

「Minnewater Park」の「Minne」を「愛の」と訳していますが、本来は「共同の」という意味があり、「共同の水」と訳すのが正しいようです。元々は港だったところを水門で仕切り、湖としたようです。
a0249051_2211675.jpg

湖畔のベンチはこんな感じで特徴的です。ドラゴンかなんかでしょうね。
a0249051_2214562.jpg

湖沿いをさらに奥に進むと、こんな街並みが見えてきます。レンガ造りのおしゃれな街並みです。
a0249051_222915.jpg

更に進むとこんな門がありました。いわれを聞いたのですが、残念ながら憶えていません。
a0249051_2223393.jpg

門をくぐって見ました。裏側はやけにおとなし過ぎます。
念のために断っておきますが、手を繋いでいるカップルが写っていますが、私たちではありません。
手前の写真を撮っているカップルが私たちです。(笑)
a0249051_223265.jpg

そうこうしているうちに林の向こうに世界遺産ベギン会修道院が見えてきました。
現在はベギン会ではなく、ベネディクト派の修道女が暮らしています。
ちなみにご成婚前の美智子妃様もここに滞在されたことがあるそうです。
a0249051_2233817.jpg


次回はブルージュ歴史地区観光後半をお送りします。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-02 02:52 | travel

寒い日は鍋に限る

早いものでもう3月です。
例年より早くバラの芽もかなり伸びてしまっています。
誘引もまだだし、休眠期の農薬散布もまだ・・・
今日も休日出勤だし、今年は無理かな?

今日は2月23日の記事の続きです。
その記事では唐戸市場を出発するところまで書きました。
気温は相も変わらず0℃のまま、張りつめた空気の中いつの間にか朝陽が登っていた。
a0249051_0262198.jpg

あたりは霜だらけでこちらも凍りつきそうです。
a0249051_0263992.jpg

帰りに近所の「誠蓮市場」という地域の生産者が出荷する市場で野菜を購入しました。
巷では高価な葉野菜が100円程度で入手できます。
a0249051_0265320.jpg

では、入手したものを食しましょう。
まずは今が旬の牡蠣からです。
焼き牡蠣でいただきます。
私は牡蠣を食べると大変なことになるので、みんなが食べるのを眺めていました。
a0249051_0273644.jpg

続いてトラフグのから揚げです。
これがビールに合うんです。
a0249051_027591.jpg

次はふぐ刺しです。義父さんがひいたものです。
a0249051_0285020.jpg

最後はふぐ鍋です。これを鍋にします。
ふぐは煮込んでも固くならないので、弾力のある食感がたまりません。
a0249051_0292345.jpg

この後、本気で食べていたので鍋の写真はありませんが、ふぐ鍋を食す際、使用するポン酢がかなり重要です。
うちではカネショウのこのポン酢を使用しています。
かなりいけると思います。
a0249051_0294493.jpg


うちの場合、ふぐ鍋にハマグリを入れます。
ハマグリとふぐはかなり相性がよいので、しめの雑炊の味がかなり良くなります。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-03-01 00:49 | food
昨日は暖かい雨が降っていました。
最高気温も16℃。
この週末も雨の様だ。
その雨の後、また寒くなるようだ。
そういえば、誘引もまだだっけ。
寒肥もまだだ。しかしこれは毎年やっていない。
腰を痛めたため、作業がかなり遅れている。
一昨日の夜は強風が吹き荒れた。
春一番だったかもしれない。
今日で2月も終わってしまう。

今日は強制的にサイドシュートを強制的出す方法について書こうと思います。
これもあくまで自己流ですから、あまり参考にならないかもしれません。
なお、これを実行しようと思われる場合、かなりの危険を伴う場合がありますので、自己責任で行ってください。
まずは、この写真をご覧ください。サイドシュートがたくさん出ていると思います。
a0249051_0203939.jpg

株元に近い芽ほどこんな感じで休眠していますよね。
こんな芽の休眠解除をしてみようと思います。
a0249051_021368.jpg

この方法は義父さんに教わった方法です。
これは「ピエール・ドゥ・ロンサール」のサイドシュートの様子です。
それがどうした?という感じですが、よく見てください。
シュートの出ている部分の少し上の部分に傷がついています。
a0249051_0214434.jpg

この写真の左上の芽の少し上を見てください。
傷が入っているのがわかりますか?
これは失敗例ですが、傷の様子はよくわかると思います。
中央部のサイドシュートは成功例です。成功した場合、傷はあまり残りません。
a0249051_022713.jpg

この方法は垂直になっている茎ほど成功しやすく、斜めあるいは横になっている場合は失敗することが多いようです。
a0249051_0222349.jpg

これも失敗例ですが、黒くなっている芽には効かないようですが、最近(施術約1年後)なんだか芽が出てきそうです。
a0249051_0233179.jpg

これは成功例です。また、横からも新しいサイドシュートが出てきそうです。
a0249051_0235467.jpg

1枚目の写真の残りの枝の様子です。
これもサイドシュートがかなりの確率で出てきました。
a0249051_0241745.jpg


詳しいことはわかりませんが、ご存じの通り、植物には頂芽優勢という性質があり、それを司っているホルモンがオーキシンです。
このオーキシンは頂芽で合成され、根に向かって茎の中を降りて行くようです。
その際、側芽を休眠させます。
一方、サイトカイニンというホルモンは根で合成され、シュートの形成や側芽の成長促進させる働きがあります。つまり、頂芽優勢を解除する働きがあるようです。
したがって、芽の上側5mm程度のところをカッターで浅く切る(皮の部分を切るくらい深さで、髄の部分までは切らないでください。)と、頂芽からのオーキシンがこの芽には届かず、根からのサイトカイニンだけが芽に届き、この芽の休眠が解除され、サイドシュートが伸びると勝手に理解しています。
斜めになった茎の芽もその芽を根の方面だけ開けて囲むように切りこみを入れるとサイドシュートが出るかもしれません。これは今年実験してみようと思っています。

最後にもう一度断っておきますが、もしこれを実行されようと思われる場合は、自己責任で実施してください。



ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-28 01:07 | rose