バラ好き 旅行好き 犬好き


by junryu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
昨日は休みだったので、病院に行きました。
最近調子悪かったのですが、どうやら「花粉症」の季節がやってきたようです。
晴れても空が霞んでいる。
昔なら「春がすみ」だなんて風情があったのですが、今は、花粉や黄砂、pm2.5などが混ざった有毒なかすみになっています。
黄砂や花粉は季節性のものかもしれませんが、pm2.5は1年を通じてやってくるものだから、お隣の世界一プライドの高い国がこのあたりもプライドを持って解決してくれないと近所はいい迷惑といったところです。
最近、その国の首都では「毒霧」と呼ばれているようですが、産業革命時のイギリスの様に大量の死傷者が出ないとわからないようじゃどうなんだろう。
こちらのpm2.5濃度も3桁に近くなってきています。
昨日は朝から雨だったのですが、こんな物質が溶けてかなり強めな酸性雨なのかな?と思うと、それに耐えて咲く梅や一生懸命冬に耐えて芽を伸ばし始めたバラがかわいそうに思えてきます。

今日はオランダ・ベルギー旅行記です。
この時期のこの地方は日が昇るがかなり遅く、朝の7時過ぎでもかなり暗いです。
散歩に出かけました。
今何時?というくらいの暗さです。
近所にチョコレート屋さんが軒を並べていました。
写真の中央には「GODIVA」、わかりにくいのですが左端は「neuhaus」です。
a0249051_5414696.jpg

ではウインドウショッピングの始まりです。
まずは「neuhaus」からです。かなりおしゃれですね。
a0249051_5422435.jpg

少し寄ってみましょう。
a0249051_5433367.jpg

続いてマカロンのコーナーです。
a0249051_5435967.jpg

少し寄ってみましょう。いろいろ並んでいておいそうです。
a0249051_5442378.jpg

続いてパンで有名な「PAUL」です。
a0249051_5444430.jpg

パン、マカロン、ケーキが素敵です。
a0249051_545891.jpg

最後は「GODIVA」です。
こんなおっさんが言うのも何なんですが、おとぎの国に来たみたいです。
a0249051_545365.jpg


ちなみに日本では「ゴディバ」と発音しますが、こちらの人は「ゴダイバ」と発音していました。

次回はブルージュ(ベルギー)の世界遺産である歴史地区を観光します。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-27 06:03 | travel
オリンピックの選手団帰国されましたね。
お疲れ様でした。
外国人記者センターで早速真央ちゃんはインタビューを受けてましたね。
例の元首相の発言についての彼女の応答は大人過ぎて、彼が首相として背負っていた責任より彼女が代表として背負っていたものの重さの方がかなり重かったのではないかと感じさせられる内容でしたね。
東京マラソンのスタートセレモニーにブーイングの嵐で迎えられたようですけど・・・
「この人は大事な時は必ず失言する。どうしてかな?」と誰かがつぶやいていた。
また、例の某国のオリンピック協会会長の息子が日曜日のお昼の番組で情けない言い訳をしていましたが、パネラーの山口もえさんの「そういう大事なことはツイッターでつぶやかずに直接JOC会長のお父さんに言った方がいい」という発言に一蹴されていましたね。
飛行機のビジネスクラスに乗っていたオリンピック協会役員がいたというざこばさんの発言が気になりましたね。
もちろん自腹ですよね。まさか運営費とか、国費じゃないですよね。
まあ、外野は放っといて、選手の皆さん本当に感動をありがとうございました。

今日はスタンダード仕立てのつくり方の最終回です。
今回は出来上がった作品をご覧いただこうと思います。
まずはER「アブラハム・ダービー」のスタンダードです。2m弱ぐらいです。
a0249051_1295762.jpg

こんな感じで咲きました。
a0249051_1302146.jpg

次は切花種の「プリエ」です。
a0249051_1304328.jpg

こんな感じで咲きました。
a0249051_1305861.jpg

続いてキリンローズガーデンの「エクレール」です。
a0249051_1311146.jpg

こんな感じでさきました。
a0249051_1312888.jpg

最後は「夢乙女」です。
これは芽接ぎが最も簡単な品種だと思います。
芽接ぎ後の成長もすこぶる良く、そこから出るシュートの本数も多く、1本当たりの長さは2mを越えるのでカスケードにでもなんでもできると思います。
うちの場合は放任ですけど・・・
a0249051_1314999.jpg

こんな感じで咲きました。
a0249051_132115.jpg



大半が「芽接ぎ」の話となってしまいましたが、これがスタンダード仕立て完成の8割以上を占めると思います。
これができるようになると、ノイバラの台木がなくても、モッコウバラやピエールなどのバラに別品種を接ぐことができます。
またの機会にその様子をアップしたいと思います。

次回は「強制的にサイドシュートを出させる方法」について書きたいと思います。

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-26 01:48 | rose
今日はオランダ・ベルギー旅行記の様子をお送りします。

昨年の12月21日にオランダ・ベルギー旅行に出かけました。
その日の福岡空港は朝からあられ・みぞれの降るあいにくの天気でした。
飛行機に大量に着雪したため、急遽、融雪剤が消防のホースのようなもので吹きつけられています。
そのせいで出発が1時間以上遅れました。
相変わらず、天気は回復しません。
その中、やっと離陸しました。
その数分後、恐怖の瞬間が訪れることも知らず。
上昇途中、光を感じた瞬間、ドンッと一揺れ。
なんと雷が飛行機に落ちました。
100回以上飛行機に乗っていますが、初めての経験です。
翼の真横の窓際の席だったので、翼に落ちたように見えましたが、よくわかりません。
「これはやばいなぁ」と思っているのに、なかなかアナウンスが入りません。
そのうち恐らくオランダ語でアナウンスが入り、その後英語、日本語でアナウンスが続きました。
アナウンスが入るに従って広がっていく安堵の声・・・本当に死ぬかと思いました。

そのまま、1時間以上遅れて、オランダスキポール空港に到着しました。
a0249051_559156.jpg

今回の旅行で使用した飛行機会社はKLMです。
福岡から直行便が出ています。
a0249051_5592844.jpg

スキポール空港内部の様子です。
クリスマスツリーも随所に囲まれ、クリスマスモードになっています。
a0249051_5593869.jpg

こんな感じで電飾が天井からぶら下がっているところもあります。
初めて利用するのでこの電飾がクリスマス仕様なのかいつもこうなのかは判断できません。
ドイツとかと比較してかなり控えめな演出です。
a0249051_5594949.jpg

その後、ベルギーの首都ブリュッセル目指して3時間バスで移動しました。
今日宿泊するホテル「THON」です。
a0249051_5595961.jpg

入り口にはこんなクリスマスツリーが飾られていました。
a0249051_60950.jpg

部屋の鍵をもらって女房が先にリフトで部屋を目指したのですが、再びアクシデント!!
女房がリフトに閉じ込められてしまいました。
ホテルの係員がチッと舌打ちしながら助けてくれたようですが、このリフトは日本人には操作が難し過ぎ、多くの日本人がこの後も閉じ込められていました。

ホテルの外はこんな感じに電飾が施されています。
a0249051_601911.jpg

街路樹にも電飾が施され、少し天気が悪いのですが、それがかえって幻想的に見えます。
a0249051_602965.jpg



次回はこのままウインドウショッピングに行った様子をお送りします。
ベルギーといえばあのお菓子ですよね!!

ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-25 06:22 | travel
ソチ・オリンピックも終わってしまいますね。
選手の皆さん感動をありがとうございました。

今日はスタンダード仕立てのその4です。
スタンダード仕立てと言いながら何だか「芽接ぎ」の話になっていますが、しばらくお付き合いください。
葉の柄がついたままで芽接ぎをします。
柄はなるべくあった方がいいです。
柄を取ると芽の休眠が解け、活着する前に芽が動いてしまい失敗する可能性が上がります。
写真の様に柄が枯れるまで放っておきましょう。
a0249051_23363817.jpg

そのうちこの柄は取れますが嫌なら外してもいいです。
冬は外さず残しておいた方がよいでしょう。
a0249051_23365286.jpg

失敗した場合はこのように芽が黒く変色しますので、再び接ぎましょう。
a0249051_2338155.jpg

冬に柄を外さない方がよいと書いたのは、この時期気温がマイナスになったり、霜が降りたりするので、折角活着した芽がやられてしまうからです。
a0249051_23382943.jpg

以前、芽接ぎは形成層だけあっていれば、上部に隙間があってもよいと書きましたが、隙間からカルスができてこのように活着します。
a0249051_23384838.jpg

次は台木についてですが、普通はトゲは皮手袋をして取ってください。
節もナイフなどでえぐると芽は出てこなくなります。
私の場合は、いい加減なのでトゲも節もそのままです。
台木から出た芽は手で取りましょう。
a0249051_23391417.jpg

芽接ぎでつくったスタンダードは種類によるのでしょうが1年目からかなりの芽がでます。
これはER「アブラハム・ダービー」です。
a0249051_23393852.jpg

これは「エクレール」です。
a0249051_234097.jpg


次回はスタンダード仕立て編最終回です。



ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-24 00:08 | rose

唐戸市場が呼んでいる!!

昨日は早朝から唐戸市場へ行ってきました。
朝5時、気温は0℃霜だらけ寒いです。

6時前に「唐戸市場」に到着。
この時間帯駐車場は無料(時間制限はありますが)です。
東側の入り口からいつも入ります。
わかりづらいですが、右奥には白髪の外国人夫婦も観光に来ていました。
左側のブースでは地元の漁師のご婦人方が地魚を販売しています。
a0249051_630556.jpg

メインの通りです。
この時間は人影がまばらの様ですが、昼前は海鮮を食べるブースができて大混雑します。
a0249051_6302482.jpg

格子状に店舗が並んでおり、もう販売が終った店が多数あります。
お昼の海鮮販売に備えて準備に入っているところもあります。
a0249051_6303711.jpg

「唐戸市場」の西側の様子です。
ここよりさらに西にスペースがありセリが行われます。
a0249051_6305278.jpg

ここ下関は「ふぐ」が有名ですが、この時期「あんこう」もよく登場します。
a0249051_6311080.jpg

もちろんメインは「とらふぐ」です。
いつもの店で購入します。
a0249051_6313261.jpg

買い物が終って外に出るともう6時半、朝陽が登りつつありました。
a0249051_631479.jpg

朝焼けの関門海峡です。
寒いけれどいい天気です。
a0249051_632068.jpg


この後、鍋用の野菜を購入して帰ります。



ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-23 06:45 | season
今日は朝、唐戸市場に行っていたので、アップが遅くなってしまいました。
5時過ぎに出たのですが、0度で霜だらけでした。
この様子は明日にでもアップします。

今日はスタンダードのつくり方の続きです。
我流なので参考になるか分りませんがお付き合いください。
前回張り付けた芽をこのテープで固定します。
a0249051_8582073.jpg

「ニューメデール」という接ぎ木テープです。
かなり高いですが、普通の接ぎ木テープと異なり、伸びますので非常に巻きやすいです。
a0249051_8583419.jpg

芽の上は1回、その他の部分は2回ぐらいきつく巻いてください。
こんなに雑に巻いていてもしっかりと形成層をあわせて巻いていれば大丈夫です。
昨年の10月の様子です。
a0249051_8584934.jpg

今年の2月の様子です。赤い芽が膨らんできていますので、成功していますね。
芽接ぎした後は、しばらくすっかり忘れていてかまいません。
私の場合、芽についている葉っぱの柄の部分が枯れたころに接いだ部分を確認します。
芽が緑色のままであったら成功です。茶色から黒になっていたら失敗ですので、接ぎ直してください。
失敗している場合は柄が枯れる前に変色してしまいますので直ぐにわかります。
大事なのは挿し木と同じように頻繁に確認しないことです。
こつはしばらく忘れてしまうこと。これが1番大事なことです。
a0249051_859342.jpg

柄が枯れたころ確認し、芽が緑であれば、私の場合、接いだ芽より上に1つだけ芽を残し、そこより先をカットします。
1つ目を残すのは、植物には頂芽優勢という性質があり、一番上の芽が伸びます。
そのため、1番上の芽を残しておくと、そこの芽を伸ばそうとエネルギーを送るのでその途中の芽(接いだ芽)が枯れることが無いと勝手に思っています。
接いだ芽がもう少し膨らんだら、残しておいた1番上の芽(写真で展開しようとしている芽)をカットします。
a0249051_9482162.jpg

芽接ぎの方法がある程度できるようになったら、同じ要領で根に近い部分に接げば、普通の芽接ぎができるようになります。
ふつうは土を落として根っこを整えたものにT字型に切れ目を入れて皮を剥ぎ、そこに芽を挿し込む方法をとるようですが、私はいい加減なのでこんな感じです。
芽が活着すれば上の部分をカットします。
a0249051_8594198.jpg

こんな感じで複数接いで横に倒しておけば両方が頂芽優勢となって伸びる(これはつるバラのシュートを倒すのと同じ原理です。)ので、1本の木に数種類のバラが咲くようにつくれるかもです。
これは去年の10月につくったものなので春にならないと複数咲くか確認できませんので・・・
a0249051_8595878.jpg

一昨年に接いだのはこんな感じになります。
普通の接ぎ木テープははがさないと木に食い込んでいきますが、「ニューメデール」は放っておいても勝手に太陽光で分解され、こんな感じで黒くなりはがれていきます。
a0249051_901582.jpg


次回はスタンダード仕立てのつくり方その4です。




ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-22 09:51 | rose
浅田選手のフリーの後の涙と笑顔良かったですね。
ベストの演技ができたことに私をはじめ多くの日本人が涙したことでしょう。
彼女のこの笑顔や涙を某国の元首相はどんな気持ちでご覧になられていたのだろうか?
爆睡中? まさかね!!
彼女最悪の演技だったSPの映像を繰り返し繰り返しながすTV局(ライバル国でこんな仕打ちをするのはわかりますが)もそうですが、フリーを前に「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事なときは必ず転ぶ。何でなんだろうな」とこんな発言をされる「東京五輪・パラリンピック組織委員会会長」ってどうなんでしょうね?
フィギュア団体に真央ちゃんを出場させたことに対する協会批判の中で出た言葉の様ですが、これは無いですよね?
首相在任中、支持率が消費税を下回ったと揶揄された失言癖は健在の様ですね。
また、あの時の様に「資質」について問題にされるのでしょうね。
今回は「東京五輪・パラリンピック組織委員会会長」としてですけど。

元陸上オリンピック代表の為末大選手の記事によるとオリンピックの強化費は北京五輪時でドイツの1/11、アメリカの1/7、中国の1/5だそうです。
「金は出さないけど口は出す」
この現状で年齢とか関係なしで「日の丸を背負わされ」、重圧の中結果が出なければ(あるいは結果が出る前に)他国からならいざ知らず自国民しかも立場のある人からバッシングを受ける。
「涙ながらに申し訳ない」とコメントしないと帰ってこれないような国でいいのでしょうか?
「我が国は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」とかある国のオリンピック協会会長のご子息が言われているようですが、選手に失礼ですし、もし思い出作りのために出場するような選手がいるのであれば、そのような選手を選んだオリンピック協会の責任者はもっと責められるべきではありませんか?

コメンテーターから「我々は選手をどのように応援すればいいですか」という問いに対して元水泳オリンピックメダリストが応えた「心の中でベストを尽くせるように祈ってください」という言葉がやけに心に残っています。

選手の皆さん元気に胸を張って帰ってきてください。


今日はスペイン旅行記の最終回です。
最後は世界遺産「カタルーニャ音楽堂」です。
a0249051_6155113.jpg

この音楽堂は当時ガウディより有名であったモンタネールにより設計・建築されました。
a0249051_6161272.jpg

では、内部に進んでいきましょう。
a0249051_6162542.jpg

至る所に様々な装飾が施されていますが、まずは天井です。
バラの花があしらわれています。
a0249051_6164521.jpg

モザイクタイルやステンドグラス、柱の装飾がとてもきれいです。
a0249051_617821.jpg

柱の装飾に寄ってみましょう。
きれいなバラですね。
a0249051_6172913.jpg

ここは今でもコンサートホールと使用されており、軽食も売ってあります。
a0249051_617517.jpg

これで観光も終わり、この日は2012年12月31日でした。
日本では年越しそばの習慣がありますが、スペインでは夜の0時の12回の鐘に合わせて葡萄を12個食べる風習があります。
添乗さんから葡萄缶をいただき、スペインの大みそか、new yearを体感することができました。
最後は帰りの飛行機から見た2013年の初日の出です。
さらばスペイン・・・・ もう一度行ってみたい国の1つです。
a0249051_6182769.jpg



次回は「オランダ・ベルギー旅行記」です。

女子ハーフパイプ小野塚選手銅メダルおめでとうございました。


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-21 06:43 | travel
スノーボードパラレルの竹内選手銀メダルおめでとうございます。
転倒悔しかったでしょうね。
今、キムヨナ選手が滑りました。
さすがに圧巻の演技です。
第3グループのスケーティングを待ちましょう。

今日はスタンダード仕立てのつくり方のその2です。
あくまでも自己流なので、あまり参考にならないかもしれませんが引き続きお付き合いください。
まずは接ぎ穂を用意しましょう。
自宅にある気に入ったバラでもいいですし、切花用で販売してあるものでもよいでしょう。
切花用の場合、脇芽が処理してある場合が多いので注意してください。
a0249051_312960.jpg

葉っぱを柄の部分を残して切り取りましょう。
休眠期の場合は葉がありませんので、この工程はカットです。
a0249051_314411.jpg

芽の5mm程度下に斜めにカッターで切れ目を入れましょう。
芽接ぎ専用のナイフとかもあるようですが、カッターで十分です。
休眠期の場合は葉が無く、芽がはっきりと見えるので赤くなった動いていない芽を使用しましょう。
a0249051_315592.jpg

後は芽の上の方からカッターを入れて芽を削ぎ取ります。
削ぎ取った芽の断面の様子です。
髄がこの程度ならついても関係ありません。
a0249051_32962.jpg

村上選手が滑走しました。トリプルがシングルに・・・残念!! フリーで巻き返しですね。

厚さはこんな感じですかね。
削り取った芽は乾燥させないように水の中に入れて置きます。
職人は芽を口に含むようですが、私は無理です。
a0249051_321917.jpg

前回の台木は今年使用する予定なので、画像は昨年の10月に接いだ時の様子になります。
接ぎ木用に挿し木していたノイバラから1m程度のシュートが出ていたので、これに芽接ぎをしてみましょう。
a0249051_323131.jpg

芽を削いだ時と同じように斜め下にカッターを入れた後、上の方から軽く削り取ります。
この際、深く削らないように注意してください。
形成層が少し出ていればいいですから。
こんな感じです。
a0249051_32451.jpg

今、鈴木選手の演技が終わりました。 コンビネーションジャンプ惜しかったですね。
全日本の様なすばらしいフリーを期待しましょう。

先ほど削り取った芽をこんな感じではめ込みます。
こちらも乾燥させないように台木を削ったらすぐにはめ込みましょう。
最初は時間がかかってしまうでしょうから、削り口に軽く水をつけておくとよいでしょう。
接ぎ木と同じでお互いの形成層が合えば良いので芽の両サイドが台木の削り口と合っていればよく、上の部分は削り口が少し見える程度がよいと思います。
a0249051_325638.jpg


次回はこれを固定して完成させましょう。

いよいよ第4グループの登場です。
真央ちゃんの応援に集中したいと思います。



ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-20 03:45 | rose
渡部選手残念でした。まだ、団体があるので悔しさはそこで晴らしてほしいですね。
葛西選手感動をありがとうございました。
個人の時はあれだけ笑顔だったのに、団体の時は涙、涙、涙・・・
彼の思いが伝わってきます。
真央ちゃん今日は楽しんでほしいですね。

今日は旅行記です。
1年ぐらい前に女房が書いていた「スペイン旅行記」が終っていなかったので、旦那が続きを書いておこうと思います。
前回バルセロナの「グエル公園」までいきましたが、今回はアントニオガウディの残した遺産を巡ろうと思います。
まずは、「カサ・ミラ」です。
a0249051_6522047.jpg

続いて「カサ・バトリョ」です。
まずは昼間の様子です。
a0249051_6523879.jpg

では中に入ってみましょう。花瓶?みたいなオブジェが目をひきます。
階段を登りましょう。
a0249051_6524962.jpg

天井を見上げてみました。
海の底をイメージしているようなので、海底から海面を見上げたような感じになっています。
a0249051_65365.jpg

シャンデリアもこんな感じです。
a0249051_6532095.jpg

屋上にあるオブジェの様子です。
すっかり夜になってしまいました。
a0249051_6533530.jpg

夜の「カサ・バトリョ」の様子です。
昼間と一味違います。
a0249051_6535445.jpg

引いて見ましょう。かなりの人だかりができています。
a0249051_654570.jpg


次回はスペイン旅行記最終回です。
今日は珍しく寝坊してしまったので簡潔番で・・・


ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-19 07:01 | travel
今日はこれからジャンプ団体を観戦しようと思っているので、早足に進めます。

今日はスタンダード仕立てのつくり方をアップしようと思います。
あくまでも自己流なのであまりあてにはならないかもしれませんが、しばらくお付き合いください。
まずはスタンダード台木をつくりましょう。

自生しているノイバラを探して1m~2mぐらいのサイドシュートを切ってきましょう。
主幹は太いが表皮が固くなっており、発根がしにくくなっているので避けた方がいいと思います。(でも発根はするでしょう。)
主幹を残しておくと翌年もサイドシュートを収穫することができるので、私は発根しやすいサイドシュートを使用しています。
ノイバラを見つけにくい時は、5月に藪の中で白い花をつけているので目立ちますから、その時期に見つけておくとよいでしょう。
カットしてきたシュートは2~3時間水揚げします。
a0249051_0413313.jpg

今年はツクシノイバラというピンク色の濃いノイバラも収穫してきました。
これはきれいなので台木にしないでそのまま楽しむかもしれません。
a0249051_041511.jpg

水揚げが済んだ挿し穂には蒸散防止剤「アビオン―C」を噴霧します。
もちろんしなくても大丈夫だと思いますが・・・私はします。
a0249051_042463.jpg

挿し穂の切り口は芽の下で斜めに切ります。
a0249051_0422881.jpg

赤玉土オンリーのポットに挿します。
a0249051_0424474.jpg

うちの場合ウッドデッキにワイヤーメッシュを張り付け、そこに結束バンドで固定します。
固定するときに土の方に圧力がかかるように固定しましょう。
2m近い挿し穂なので強風で根元がぐらつかないようにしっかりと固定してください。
a0249051_043532.jpg

人差し指サイズの挿し穂でも大丈夫です。
a0249051_0432587.jpg

うちの場合、スタンダード用の台木は10月中旬以降にします。
挿し穂が長いので、気温がある程度落ち着いてからの方が成功率が高くなると勝手に思っているので、この時期に挿しています。
この写真は2月初旬の様子ですが、30本挿して30本成功しています。
a0249051_0434773.jpg


次回はこうしてできた台木にいよいよ芽接ぎをしてスタンダード仕立てを完成しましょう。



ランキングに参加しています。下の「バラ園芸」のボタンをクリックしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
# by junryu2012 | 2014-02-18 01:04 | rose